神戸文学館で詩の朗読会

 1月18日(土)、王子動物園の西にある旧関西学院チャペルで、兵庫県現代詩協会主催の詩の朗読会があった。毎月<ひょうたんライブ>でお世話になっている先輩詩人の紹介で、私もそこに参加させて頂いた。

 昨年は、ヴァイオリン演奏と詩の朗読のコラボレーションがあることを神戸在住の従姉から聞き、一観客としてこの神戸文学館での朗読会に参加していた。

 自分のことでも一寸先がみえない歩みかたをした面白い一年であった。三宮マルイ前の路上での詩の朗読パフォーマンス、<ばとこいあ神戸>や<ひょうたんライブ>という仲間うちでの定例朗読会、神戸芸術センターや神戸文学館でのもう少し規模の大きな朗読イベント・・・と、この一年間に思いがけず多くの朗読会の場数を踏ませていただいた。お陰で音楽や詩のジャンルで、素敵な表現者の方々にお出会いすることができた。又、日ごろご支援を頂いている皆様に聴いて頂く機会を得た。

 

 今、違う意味で一年先の見通しがたたない場所に立たされている。あたりまえのことをあたりまえに述べ、自由に表現できる未来を子どもたちに残すために、出来る限りのことをして悔いのない一年を送りたい。